スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いびつなシイタケ、事前に察知

いびつなシイタケ、事前に察知 森林総研チーム開発

 シイタケのかさが極端に小さくなったり、茎の形がいびつだったりで商品価値を失ってしまうのを防ごうと、事前に発生を予測する方法が開発された。森林総合研究所研究交流室長の馬替(まがえ)由美さんらが成功した。遺伝子レベルの解析方法を応用したもので、民間の種菌会社でも試験的に導入を始めるなど、応用に向けた動きが出始めている。 >>続きを読む

 これで、椎茸の価格は、いくらか下がるのでしょうか?

太陽光発電技術など研究内容紹介

太陽光発電技術など研究内容紹介

草津・立命館大で発表会

 昨年4月に発足した立命館大の研究組織「立命館グローバル・イノベーション研究機構」の研究発表会が12日、滋賀県草津市の立命館大びわこ・くさつキャンパスで開かれ、太陽光発電技術などの研究内容が紹介された。 >>続きを読む

 同機構では、環境や医療・健康など重要課題と位置付ける6領域で、19の研究プログラムが進められている。発表会は立命館大の理工学振興会が産学交流などを目的に企画し、教員や企業関係者ら約100人が参加したという。

裸眼で立体視できる映像技術

NTTドコモ、裸眼で立体視できる映像技術を参考展示

 NTTドコモは、2009年5月12日から神奈川県横浜市で開催している無線技術の専門展示会「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2009」に出展し、特殊なメガネを使わずに裸眼で立体映像が見られる技術を参考展示している。>>続きを読む

 特徴は、3Dの視野角が約25度近くあること。かまぼこ状のレンズが画素の表面に格子上に並んでおり、見る角度によって特定の画素が見えたり見えなかったりする。

アムールヒョウ37頭を識別

アムールヒョウ37頭を識別 ロで北大研究員ら初成功

アムールヒョウの個体識別に成功した、

北海道大大学院地球環境科学研究院の

杉本太郎博士研究員

(世界自然保護基金提供・共同)

 【ウラジオストク19日共同】世界自然保護基金(WWF)は19日までに、ロシア沿海地方に生息し、推定約30頭しか残っていないとされている絶滅危惧種のアムールヒョウについて、DNA鑑定で計37頭が個体識別されたと発表した。 >>続きを読む

 識別したのは北海道大大学院地球環境科学研究院の杉本太郎博士研究員(29)ら日本、米国、ロシアの研究者とWWFの合同グループ。これまで足跡調査で生息数が推定されてきたアムールヒョウの個体識別に成功したのは初めてという。 

新型ロケットH2Bが燃焼試験中止

新型ロケットH2B、燃焼試験中止

 宇宙航空研究開発機構は1日、同日に予定していた新型ロケット「H2B」のエンジン燃焼試験を中止すると発表した。防消火系設備の配管でつなぎ目に漏水が見つかり、復旧に時間がかかるためという。 >>続きを読む

 H2Bは、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「HTV」を載せて、今夏に打ち上げられる予定だ。H2Aの主エンジンを2基に増やして打ち上げ能力を向上させている。

プロフィール

Author:korakorawin
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者だメ~

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。